ホーム>スタッフブログ>症例記事

症例記事

成長期の膝の下の痛み オスグッド病とは

 

10歳前後のスポーツをしているお子さんが「膝の下が痛い」と言ってきたら、成長期特有の「オスグッド病」かもしれません。

2020727172346.png


オスグッド病とは?


だいたい10歳前後から発症する、ひざのお皿の下の痛みのことです。
痛む場所は、お皿から指1~2本下のところの骨のでっぱり(脛骨粗面)になります。
2020727172728.jpg

この場所に痛みが出てくるのが主症状ですが、他にも

腫れたり熱っぽくなる(炎症)
骨が出っ張ってくる

などの症状があります。写真の膝も、ポコっと出っ張っていますね。こんな感じで出てきますが、もっと飛び出している子も多いです。

お皿の下の痛みと言っても、真下の柔らかいところが痛い場合は、「ジャンパー膝」と言われる膝の靭帯の痛みになるので、似てますがオスグッドとは違う病名になります。
 

 

オスグッド病の原因は?


成長期において、ジャンプ、サッカーのシュートのような蹴る動作、ダッシュの繰り返し、などによって、過度に膝へ負担をかけることで発症します。
膝を曲げると大腿四頭筋が膝下の骨を引っ張り、それが繰り返されると過剰な負担によって炎症が起こり、オスグッド病となります。


2020727172917.jpg
こんな感じで引っ張られてしまいます。


 

痛みの連鎖から抜けれない!?


最初の頃は、痛いけどスポーツは出来るのですが、ひどくなってくるとスポーツどころか曲げることすら困難になってきます。

よくあるパターンが、痛くなる→休む→痛みが減る→復帰する→また痛くなる、を繰り返してしまうことです。
当院に来院される子の中には、その状態を1年以上繰り返していた子も少なくありません。

大好きなスポーツを続けたいけど、オスグッドのせいで競技を続けることを諦める、なんて話も以前はよく聞きました。

そうなってしまう理由として、オスグッド病に対する確たる治療法がなかったことが挙げられます。
一般的にオスグッド病の治療といえば、
「成長期が終わるまで休む」
「ストレッチをする」
「バンドを巻く」
といった保存療法が主です。確かに有効な方法ではありますが、そうなると競技自体を休まざるを得ないので、最も選手として伸びる時期を無駄にしてしまうことになります。

スポーツを続けたい子供にとって、酷な選択となってしまいます。

***休む期間も少ない!早く治るもみじはりきゅう整骨院の「オスグッド専門治療」***

 

オスグッド病の治療は?


世間一般的には、「成長期が終わるまで休む」「ストレッチをする」「バンドを巻く」の3本柱となります。
これらはずっと昔からの定番の治療なのですが、前述の通り、自然と治るのを待つ治療なので、時間がかかってしまいます。
更にはそれだけではなく、「ストレッチ」などはやり方を間違えると更に悪化させることもあり、きちんと知識をつけて行わなければなりません。

 

また、股関節の硬さもオスグッド病と関係します。

オスグッドの主な原因である「大腿四頭筋の硬さ」
その中でも最も重要な「大腿直筋」は、膝と股関節の2つの関節を越える、とても長い筋肉です。

2020728151955.jpg

大腿直筋は、骨盤から、痛みの出る脛骨粗面まで繋がっており、その中に含まれる股関節が硬いと、当然一緒に硬くなってしまいます。
同じ動きをする筋肉や、拮抗する動きをする筋肉にも影響が出るため、臀部やインナーマッスルにも悪化要因が含まれます。

そのため、オスグッド病の場合は股関節も柔軟にしておく必要があります。

 

さらには足首や足の指の柔軟性もオスグッド病に悪影響があるため、オスグッドの度合によってはエクササイズが必要となります。(詳しくは次のブログで)

 

まとめ


ざっと挙げただけでも、従来の治療ではフォロー出来ないことが多く含まれていますよね。
オスグッド病は、あくまでもちゃんとした治療を受けることが一番です。長期の安静指示や低周波だけだったり、ふともものマッサージくらいしかしない治療院だったら他を探しましょう。

もみじはりきゅう整骨院のオスグッド専門治療は上記の大腿直筋、股関節はもちろん、独自のいくつかのチェックポイントを調べ、痛みの原因を見つけ出します。スポーツを休む必要もありません!従来の治療とは全く違うアプローチから完治を目指します!
***休む期間も少ない!早く治るもみじはりきゅう整骨院の「オスグッド専門治療」はコチラ***

とりあえずセルフで色々試してみたいという方のために、次回は間違ったストレッチの説明と、自分でできる簡単なフォローを説明していきたいと思います。

(もみじはりきゅう整骨院・Iida)

 

足首の捻挫 特別治療 治療動画

「足首の捻挫 特別治療」の動画をアップしました!

野球部員の中学生。足を捻った2日後に来院し、特別治療をしました。

 

 

***捻挫をしたけど早く復帰したい!もみじはりきゅう整骨院の足首の捻挫特別はコチラ***

#もみじはりきゅう整骨院 #門前仲町 #江東区整骨院  #オスグッド #オスグッド専門治療 #成長痛 #捻挫 #足首の捻挫 #スポーツ障害

※「免責事項」
これらの動画は効果効能を保証するものではありません。ご了承下さい。
 

もみじはりきゅう整骨院

 

足首捻挫の後遺症のひとつ 「足関節不安定症」とは


「足の捻挫をしてから随分と経ったけど、まだ足首がグラつく気がする」
「ゆるくてまた捻っちゃいそう」
「足首のズレを感じる」

など、そういった症状はありませんか?
それはもしかしたら「足関節不安定症」かもしれません。

2020519123957.png


過去に捻挫をして、上記のような症状が残っている人がたまにいます。
足を捻っても「大したことはないだろう」と病院に行かない人が多いのも原因のひとつですが、完治しないまま放置している、という人も多いのではないでしょうか。
足首の捻挫をした人の約15%は、サポーターやテーピングを使いながら何らかの後遺症に悩んでいる、といった研究結果もあります。

このような症状を抱える人は、いくつかの原因が考えられます。
そして「足関節不安定症」は、その原因の中の一つに数えられる症状です。
 

足関節不安定症とは

足関節不安定症は、正確には2つに分類されます。

1.機械的不安定
2.機能的不安定

似ていて、とてもややこしいので簡単に説明していきます。



1.機械的不安定

これは、変形や、靭帯などの構造に異常があるものを指します。

足首を捻挫するときに靭帯を損傷することがあるのは前回説明しました。
靭帯が傷つくということは、関節が外れるようなストレスがかかったということです。
これによって靭帯が異常に弛緩してしまい、弱くなることがあります。

また、関節の亜脱臼(ズレ)などを伴うこともあります。
骨折はしていないけど症状がひどい、という患者さんに多いように見受けられます。


足の捻挫は再発率が40%~70%ともいわれるくらいとても高い!です。
繰り返し同じ個所を捻挫すれば、当然ながら関節が弱くなって、劣化していきます。

 

2.機能的不安定

筋力や神経バランス能力が低下したものを指します。


捻挫をすると大抵は「しばらく安静にしていて動かさないでくださいね」と指導されます。それが長引くと筋肉は小さくなり、関節は拘縮(こうしゅく)が起こってしまいます。
再び動けるようになっても、バランス感覚が崩れてしまい、元に戻せなくなることもあります。

特に外側にある「腓骨筋」は、不安定症になると反応速度が落ちることも分かっています。

2020519151852.jpg

 

他にも色々とありますが、足関節不安定症は、これらのような原因が色々と絡み合い、足首の不安定さを出してくるのです。

 

靭帯を強くするには


靭帯って強くすることができるの??とよく質問されます。
結論から言いますと、例外はありますが強くさせることは可能です。


筋肉を鍛えて大きくしていく際、筋肉だけ単独で強くなることはありません。「筋肉を鍛えるには、靭帯や腱などの結合組織も強靭になることが必須である」ことが研究によって分かっています。
筋肉は強い力を発揮しますが、その土台でもある靭帯・腱も一緒に強くならないと力を発揮することはできないということです。

ということは、土台である靭帯は、筋肉を鍛える際に一緒に強くなっていることを示しており、そのことは靭帯を強化することは可能であることを証明しています。
202051916483.png

家でトレーニングしてみよう

ということで、トレーニングでフィジカルを鍛えれば靭帯を強化することも出来ます!
もちろん不安定症のある方のすべてが靭帯を鍛えて症状が緩和するわけではありません。どの靭帯にも適応する訳でもありません。
しかし、実際にトレーニングして強化することが必要な方も、多くいらっしゃいます。

なので今回は、実際に自宅で出来る「簡単なチューブトレーニング」をいくつか紹介していきます。
上下内外への4方向へのトレーニングです。

■下方向へ

2020522121037.jpg①セラバンドなどのチューブを使い、両手で持って足の裏に引っ掛けます。位置はゆび寄りにしてください。

②チューブを押すようにしながら足首を伸ばしてください。これを10回

 

 

 

 

 

 

 

 

■上方向へ

2020522121643.jpgのサムネイル画像①先ほどの状態から、反対側の足を使って写真のように引っ掛けます。

②足の甲にあるチューブが張っているのを確認してから、反対側の足を止めたまま手前(矢印方向)に引いていきます。10回行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 


3.外方向へ

2020522122037.jpg①さらに先ほどと同じ姿勢から

②今度は外に向かって倒していきます。これも10回

 

 

 

 

 

 

 

 


4.内方向へ

2020522122734.jpg①これはちょっと難しめです。反対側の足をクロスしてチューブを写真のように引っ掛けます。

②反対側の足を固定したまま、内側(矢印)方向へ倒します。これも10回です。

 

 

 

 

 

 

 



今回は、一般的な不安定症について説明させていただきました。
捻挫をした際に関節面がズレたままの症例などは、当院の「足首の捻挫特別治療」で改善することも多いので、気になる方は是非ご相談ください。

***捻挫をしたけど早く復帰したい!もみじはりきゅう整骨院の足首の捻挫特別はコチラ***

もみじはりきゅう整骨院(Iida)

Page Top