ホーム>スタッフブログ>2020年4月

2020年4月

ゴールデンウィーク期間中 休診のお知らせ

ゴールデンウィーク中は下記期間を休診とさせていただきます。

 ■4月

 ・28日(火)

 ・29日(水)

 ・30日(木)

 
■5月

 ・1日(金)

 ・2日(土)

 ・3日(日)

 ・4日(月)

 ・5日(火)

 ・6日(水)



4月28日(火)~5月6日(水)までの9日間を休診とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご了承の程お願い致します。

もみじはりきゅう整骨院

 

在宅勤務・テレワークだと腰が痛くなってしまう その対策は

2020414165330.png

もみじはりきゅう整骨院です。

現在、新型コロナウィルスの影響により、会社へは出社せずに在宅勤務をしている人も多くなってきました。

会社のデスクとは違う環境で作業をしているので、いつもはそうでもない腰痛が徐々に悪化してきた、なんて人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、なぜ痛くなるのか、そしてその対策についてお話ししていきたいと思います。

 

 

なぜ自宅だと痛くなる

在宅勤務・テレワークでの作業となると、自宅でパソコンを使うことになります。その場合、ほとんどは職場よりも悪い姿勢で座ってしまうことが多くなってしまいます。

例えば、

  • ローテーブルやコタツを使っている家庭 → あぐらや座椅子に座ってパソコン作業
  • リビングで仕事 → いつもと違う高さでデスクワーク

となったりしていませんか?このような状態は、長時間のデスクワークには向いていません。

 

2020418131716.jpg

 

写真をみてもらうと分かるのですが、横から見ると骨盤が後ろに傾いていて、バランスを取るために背骨が丸まってしまいます。

2020418131631.jpg

この姿勢でいると、背中や腰の筋肉が引っ張られて固まっていきます。インナーマッスルも固まります。それを長時間続ければ、当然のことながら疲労を起こし痛みが出現してきます。

 

さらに、このような姿勢で特に注意が必要なのは、脊柱にある「椎間板」への悪影響です。

2020420152328.png
 

背骨と背骨の間にあり、クッションの役割を果たす椎間板。この椎間板の中には、「髄核」と言われるボール状の物が入っています。卵でいうと、白身の中に黄身が入っている状態です。そしてこの黄身が、悪い姿勢を続けることにより後方へ押し出される仕組みになっています。

この押し出される状態が最も悪化したもの、それが「椎間板ヘルニア」と言われるものです。

もちろん、姿勢が悪いだけですぐヘルニアになる訳ではありません。しかし悪い姿勢を長く続けることにより、そうしたリスクを増やしてしまうことに成りかねません。

 

更には丸まった背中によって肋骨の動きも制限されるため、呼吸まで浅くなってしまいます。筋肉の酸素不足は発痛物質を産むので、負担をかけて固まった筋肉は痛みを感じやすくなります。

また脳の酸欠により、頭痛、だるさ、集中力の欠如といったところまで影響が出てきてしまうのです。

2020418132212.png

ということで、あなたのその腰痛の原因は「座っている姿勢」にある可能性があります。

なかには、自宅はゲーミングチェア完備でむしろ楽!なんて強者もいそうですが。。

 

対策1 定期的に立ち上がって深呼吸

前述したとおり、同じ姿勢を続けること酸素不足は避けなければいけません。45分毎に作業を一区切りし、立ち上がって身体を伸ばして深呼吸をしましょう。キッチンタイマーやスマホのタイマーを利用すれば、時間を忘れてがんばりすぎちゃった、なんてことも防げますよ。

202042018047.jpg

↑ 本間先生のイメージする深呼吸の写真。。

 

対策2 座り方のひと工夫

ここが一番大事なポイントです。いくら姿勢を良くしようとして背筋を伸ばしても、結局1分くらいしたら背中が丸まってしまいます。長時間意識するなんて元より無理なので、座る環境に手を加えるのがベストです。骨盤をまっすぐ起きた状態に近づけるためのやり方を説明します。

1.バスタオルを用意して、写真くらいの大きさに折りたたむ

202042017459.jpg

2020420174537.jpg

2.座っているお尻の後ろ半分の部分に敷いて座る

2020420174629.jpg

これだけでOK。写真を見て分かるとおり、骨盤が寝ている状態から起き上がるので、腰の負担が軽減します。たったこれだけで骨盤の負担は減るのですから、是非やってみてください。イスに座る場合も同じように敷いて使用してください。

202042195633.jpg

皆が皆、このタイプの腰痛というわけではありません。合わないな、と感じたら中止してくださいね。

また、元からヘルニアなどの疾患を持っている方や、上記のやり方が合わない人は、腰椎を伸展するのも効果的です。下の写真のように背もたれのあるイスを使って腰の後ろにバスタオルを挟んでください。

202042195743.jpg

この場合は、深く腰掛けるように座るのがポイントです。

先ほどの下に敷くやり方が合わなかった方も、こちらの方が合う場合もありますので試してみてくださいね。

また、イスに座る際、浅く座る方がよくいらっしゃいます。一見すると姿勢は良く座ってますが、実は座面を「点」で支えているため、結果的に腰痛は悪化することが多いので、そういう座り方をしている人は注意が必要です。

 

対策3 固まりやすい筋肉のストレッチやリリース

まずは背中の硬さをほぐしましょう。痛いのは腰なんですけど、、と思うかもしれませんが、広背筋は腕~背中~腰と広範囲につながっています。背中の硬さは腰痛の原因のひとつなんですよ。

 

1

片方の手首をつかんで、バンザイしてから横に倒します。

脇腹を伸ばすイメージで、気持ちの良いところまでストレッチします。呼吸を止めないようにして15秒キープ。

202042195846.jpg

真横に倒すと腹斜筋、斜め前に倒すと広背筋にストレッチが入りますので、出来たら両方ともストレッチしましょう。

 

2

脇腹を自分で擦るのも筋膜のリリースになって効果的です。

手をこのように握って、指先の関節を凸にします。

2020421112030.jpg

反対側の脇腹をストレッチしながら、このように上下に擦って、筋膜リリースします。

2020421152337.jpg

痛いところがあれば、前後に擦ったりするのもアリです。脇腹に手が回らない人は・・・肩が悪い方は治療が必要です。それ以外の人は、まずはダイエットをお願いいたします。。

 

3

固まった胸椎を動かしましょう。

胸の前で手を組んで、身体を左右へ、気持ちの良いところまで回します。

202042117729.jpg

良い姿勢をキープしながらやることが重要です。猫背のままやると痛めてしまうので注意してください。

 

4

お尻の筋肉をストレッチします。

イスに座り、片足をもう一方の膝の上に乗せます。この時、良い姿勢をキープしてください。
息を吐きながら、ゆっくり前に倒していきましょう。

本間先生のワンショットを4方向からお楽しみください。

202042117939.jpg

倒すときに猫背になりすぎないよう気を付けてください。

 

5

腹筋、腸腰筋をストレッチします。

うつ伏せから、腕立て伏せの要領でお腹を伸ばします。ただ、このストレッチが合わない腰痛のタイプがあるので、とても注意が必要です。イマイチだなぁと感じたり、いやな感じがしたらすぐ中止してください。また、やりすぎも注意してください。

2020421171321.jpg

伸ばして深呼吸1回したら元に戻します。それを5回やりましょう。

 

 

まとめ

新型コロナウイルス騒動が始まってから、在宅勤務になって腰痛が悪化し、来院される方が増えてきています。上記方法も全員が良くなるというわけではありませんが、皆さんの在宅勤務が少しでも楽になれればと思い作成してみました。
是非、自宅で試してみてください。

パソコンの位置も、肘が90度になる高さがベストと言われてます。高すぎても低すぎても良くないので、パソコン自体の高さを変えるようにしてください。

さらに!悪い姿勢で長時間座っていると代謝も悪くなるので、体重が増えるリスクも!
テレワークしてたらどんどん太ってきた、なんてことが無いように、楽に仕事が出来るよう対策を講じて、がんばってみんなでこの危機を乗り越えましょう!

***捻挫をしたけど早く復帰したい!もみじはりきゅう整骨院の足首の捻挫特別治療はコチラ***

もみじはりきゅう整骨院(Iida)

 

 

 

自宅でできるツボマッサージ 2 <新型コロナガイドライン対応>

こんにちは、もみじはりきゅう整骨院です。
先日もブログでお知らせした、中国鍼灸協会が発行した「新型コロナウィルス患者に対する鍼治療のガイドライン(第2版)」から、ガイドラインの中でウイルス予防に効果があるとされているツボへのマッサージを紹介します。

今回の第2回は、足のツボを2つご紹介します。

※あくまで、ガイドライン上で免疫力アップの見込めるツボへのマッサージとなりますので、これをやることで新型コロナウィルスを防げる、というものでは決してない、ということはご了承ください。

 

グループ3 ST36 足三里(あしさんり)

「脛骨前縁と腓骨頭の間の陥凹部に取る」

スネの上、骨の外側で、筋肉の凹みのところです。松尾芭蕉の奥の細道でも有名なツボですね

20204131657.jpg
気持ちの良いところまで押して、そのまま5秒。指を離したらおなじく5秒休む。これを3~5回繰り返します。

202041316540.jpg

両手でつかむように押すと、やりやすいですね。

ちなみに、ここは胃のツボとしても有名です。胃腸の調子が悪い時にも使えます!

 

グループ3 SP6 三陰交(さんいんこう)

「内果の上3寸、脛骨内側縁の骨際に取る」

内くるぶしから、約指4本分上で、スネの内側で骨のきわです。

202041316616.jpg


気持ちの良いところまで押して、そのまま5秒。指を離したらおなじく5秒休む。これを3~5回繰り返します。

202041316649.jpg

ここは強く押すと痛いところなので、力の加減に注意してください。

痛いのを我慢するのではなく、ちょっと痛いけど気持ちいい程度が目安です。

 

まとめ

今回は、グループ3という分類をされている、足のツボ2つを紹介しました。

上述のとおり、これらのツボ刺激を行ったからといって、新型コロナウィルスを防げるわけではありませんのでご注意ください。

これらのツボは指圧マッサージするのもよいですが、お灸などでの温熱刺激も効果的ですよ。
当院では、温灸の販売取り扱いも行っております。是非やってみてください!
 

緊急事態制限の外出自粛要請により、感染リスクの低減・感染拡大防止が図られるという面と同時に各個人の精神的ストレスも大きく負担になるかと思います。
正しい情報に基づいた防疫と消毒、充分な睡眠と食事。と共にストレスを溜めない為のセルフケアを試してみて下さい。

コロナに負けるな!cat

 

近々、グループ1に分類される背中のツボについても紹介していきます。

もみじはりきゅう整骨院(sagi)

自宅でできるツボマッサージ 1 <新型コロナガイドライン対応>

こんにちは、もみじはりきゅう整骨院です。

先日、中国鍼灸協会が「新型コロナウィルス患者に対する鍼治療のガイドライン(第2版)」を発行しました。

北京保険委員会の発表によると、現在中国では罹患した患者の87%が中医学(鍼灸治療と漢方薬)の治療を受けて、その中で9割以上の患者に有効な効果があったそうです。

そしてそのガイドラインの中には、「予防段階において肺と脾臓の機能をアップする効果がある」とされる経穴(ツボ)の分類も記載されています。


そこで今回は、ガイドラインの中でウイルス予防に効果があるとされているツボへのマッサージを紹介します。

※あくまで、ガイドライン上で免疫力アップの見込めるツボへのマッサージとなりますので、これをやることで新型コロナウィルスを防げる、というものでは決してない、ということはご了承ください。
 

 

グループ2  LI4 合谷(ごうこく)

「手背の第1、2中手骨底間の陥凹部。第2中手骨寄りに取る」

簡単に説明すると、親指と人差し指との間、水かきのところの人差し指寄りになります。

202041116223.jpg2020411162248.jpg

この合谷を、気持ち良いところまで押して、そのまま5秒!

5秒たったら指を離して、5秒休みます。それを3~5回繰り返しましょう。

 

2020411162558.jpg

2020411162643.jpg

こんな感じです^^

ちなみに、友人の手に向かってこれを思いっきりやると、悶える痛みで叫びますので絶対やめましょう。

 

グループ2  LI11 曲池(きょくち)

「肘を屈曲し、肘窩横紋の外端部と上腕骨外側上顆との間で、上腕骨外側上顆寄りに取る」

肘を曲げたときにできるシワの、いちばん外側です。

2020411163027.jpg2020411163054.jpg

ここも同じく、気持ちの良いところまで押して、そのまま5秒。指を離したらおなじく5秒休む。これを3~5回繰り返します。

2020411163835.jpg

事務ワークで腕が疲れた時にも効果的ですよ!

 

グループ2  LU5 尺沢(しゃくたく)

「肘窩横紋上で上腕二頭筋腱の橈側に取る」

肘を曲げたときにできるシワの真ん中。腱と腱の間のくぼんだところです。

202041116381.jpg

ここも同じく、5秒押して5秒休む。3~5回やりましょう。

2020411164135.jpg

 

グループ2  LU10 魚際(ぎょさい)

「第1中手指節関節の中央で、手掌と手背の皮膚の境に取る」

母指球と言われているところです。手の甲と手のひらの境目、なんとなく皮膚の感じが変わるところ。

2020411164634.jpg

ここも同じく、気持ちの良いところまで押して5秒、離して5秒。3~5回やりましょう。

202041116535.jpg

こうやって自分で押しましょう。

 

まとめ

今回は、グループ2という分類をされている、手のツボ4つを紹介しました。
先ほども言いましたが、これらを行ったからといって新型コロナウィルスを防げるわけではありません。しかしながら、連日の新型コロナ騒動によって、誰もが身体や心がすり減ってきていると思います。これを行うことによって、少しでも心にゆとりができれば、と思い書いてみました。

普通に指圧するのもよいですが、アロマオイルやクリームなどを使うとリラックス効果も見込めるので、もしお持ちでしたら是非やってみてくださいね!

近々、グループ3に分類される足のツボについても紹介していきます^^

 

もみじはりきゅう整骨院(Iida)

新型コロナウイルスの感染予防、拡散対策

こんにちはもみじはりきゅう整骨院です。

当院では新型コロナウイルスの感染予防、拡散対策を行っております。

1.手指消毒には濃度70%のエタノール消毒液、ベット・マクラ等には次亜塩素酸消毒液を使用しています。
2.定期的な院内の換気を行っています。
3.感染防止として全員マスクの着用をしています。
4.朝のミーティングにて全スタッフの体調チェック・体温確認
5.次亜塩素酸水による加湿器空間除菌を行っています。

また、当院に来院される患者様へ以下のお願いをさせて頂きます。

熱(37.5以上)、せき、のどの痛みや、体調の優れない患者様は、大変申し訳ございませんが来院を控えるようお願い致します。

少しでも安心して来院していただけるよう努めてまいります。
感染防止に向けて皆様のご理解ご協力の方よろしくお願いします。

202041113431.jpg202041113456.jpg202041113519.jpg



#もみじはりきゅう整骨院 #消毒 #手洗いうがい #次亜塩素酸水 #消毒用エタノール #イソプロパノール #換気

Page Top